連載第1回 KEYVOXで始めるスペースレンタル

更新日:2020年5月28日


顧客ニーズの多様化と空き部屋の有効活用のニーズが合致して、近年急速に市場が伸びてきたのがスペースレンタルです。スペースレンタルは空間を借りたい人と、空間のマッチングですので、実は顧客対応コストを極限まで下げて運営することで、ビギナーでも十分に利益の出るビジネスです。本連載では利益の出るスペースレンタル運営のコツを紹介していきます。


 


1.スペースレンタルとは

2.スペースレンタルの収益構造

3.各プラットフォーマーの特徴

4.物件の見つけ方

5.スマートロックの設置

6.内装工事と各種デバイス

7.プラットフォームへの登録

8.自社サイトの構築

9.運営開始とKEYVOXを利用した運営方法

10.顧客とのコミュニケーション

11.レビューを獲得する

12.日々のメンテナンス

13.運営のコツ

14.利益を出すために


 


1.スペースレンタルとは


民泊新法ができる少し前までに民泊が爆発的に普及したのは、通常の賃貸で貸すよりも、宿泊で貸した方が利回りが高くなるからです。そこに目をつけた大家や、運営者がこぞって参戦し、一種のカオスが起き、結局、民泊新法の施行と共に簡単には始められないビジネスとなりました。この一連の事象で分かったことは、空間は細切れにすればするほど収益率が上がるということです。年単位の賃貸を一つのビジネス形態とするならば、民泊はそれを1日単位で切り売りするもう一つのビジネス形態です。民泊の方が通常賃貸より収益率が高いのは、宿泊ビジネスの方が単価が高いからです。この1日を更に細切れにして時間単位で貸し借りするのがスペースレンタルです。理論的には時間貸しで全ての時間が埋まれば、民泊よりも更に収益率が上がるはずです。


スペースレンタルをあまりご存じない方は時間単位で何を借りるのだ?と思われるかもしれませんが、例えば皆様が住まわれているマンションのパーティールームも立派なスペースレンタルです。何故マンションにパーティールームがあるのかといえば、有人を自宅に招くのは事前の掃除や、事後の後片付けなど面倒くさい事が多数あります。それをパーティールームに招待することで、招待しつつもそのような手間がいらず、また、場所によっては高層階にあったりよりステータスのある場所を安く利用できたりします。このようなニーズは何もマンションに住んでいる住人だけのものではありません。一戸建てに住んでいる人も、ちょっとしたパーティールームを利用したいケースも有るでしょう。また、オフィス街では自社オフィスの会議室難民という会議室に入れない人たちの母数は莫大なモノがあります。オフィス街の近辺で貸会議室を運営するのも大きなビジネスチャンスでしょう。また、近年大人もYouTubeを見るようになり多数の動画がアップロードされています。自宅や自宅近辺で動画を撮るのはプライバシーの観点から心配事項が多数あります。そのようなYouTuberに動画スタジオを提供するのも一つのビジネスチャンスでしょう。


このような、仕組を特定のコミュニティに留まらず、広く一般に公開し一般人と空間のマッチングを始めたのがスペースマーケット(https://spacemarket.com)を代表とする、所謂スペースレンタルプラットフォーマーです。各プラットフォーマーの特徴は別途記載しますが、それぞれの特徴を理解して使い分けることで、皆様のスペースの収益性を大幅向上させることが可能です。