連載第2回:KEYVOXで始めるスペースレンタル  スペースレンタルの収益構造

更新日:2020年5月28日


顧客ニーズの多様化と空き部屋の有効活用のニーズが合致して、近年急速に市場が伸びてきたのがスペースレンタルです。スペースレンタルは空間を借りたい人と、空間のマッチングですので、実は顧客対応コストを極限まで下げて運営することで、ビギナーでも十分に利益の出るビジネスです。本連載では利益の出るスペースレンタル運営のコツを紹介していきます。


 


1.スペースレンタルとは

2.スペースレンタルの収益構造

3.各プラットフォーマーの特徴

4.物件の見つけ方

5.スマートロックの設置

6.内装工事と各種デバイス

7.プラットフォームへの登録

8.自社サイトの構築

9.運営開始とKEYVOXを利用した運営方法

10.顧客とのコミュニケーション

11.レビューを獲得する

12.日々のメンテナンス

13.運営のコツ

14.利益を出すために


 

1.スペースレンタルプラットフォーマー


前回レンタルスペースの費用は、1.設備投資、2.ランニング費用と説明しました。設備投資は通常のアパート物件と考え方はさほど考え方は変わりません。ただ、何らかのコンセプトを持ち、特定のユーザー層にアピールできる方がマーケティングの方向性を出しやすいです。

ここでマーケティングという単語を出しましたが、結局レンタルスペースの収益は認知度に比例する集客力によりますので、どのように集客をするのか計画を立てて進めなければなりません。出来れば2ヶ月目から、長くても半年で少なくとも家賃が払われるようになることが目標です。その間の家賃はランニング費用の積立として余剰資金を見ておく必要があります。

マーケティングに関しては別途、詳細に説明する予定ですが、最初に覚えておかなければいけないのは、レンタルスペース業界にもプラットフォーマーがおり、それぞれのプラットフォーマーが完全成功報酬型で集客をしてくれるということです。その代わりに通常20%から35%と高額な成功報酬を請求されます。レンタルスペース収益化の基本戦略は、そのようなプラットフォームを利用して初期の集客をして、徐々に認知度を上げ、次第に自社予約を増やしていくという方程式となります。

ここでは簡潔に説明するために、レンタルスペースプラットフォームで業界一意のスペースマーケットの30%を事例に説明していきます。

例えば月20万円の売上がスペースマーケットで上がった場合、6万円を成功報酬として支払います。結構な金額ですね!


仕訳けとしては下記の通りとなります。


売上       20万円

支払い手数料    6万円

家賃       10万円

粗利        4万円


この4万円から水道光熱費、インターネット接続料、清掃費等を支払っていきます。前回の連載で、家賃の倍を目標とするのが第一ステップと申し上げましたが、家賃の倍ではほぼ赤字になることをご理解いただけたと思います。経費を入れてみると、下記のような感じでしょうか