連載第3回:KEYVOXで始めるスペースレンタル  各プラットフォーマーの特徴

更新日:2020年1月10日


顧客ニーズの多様化と空き部屋の有効活用のニーズが合致して、近年急速に市場が伸びてきたのがスペースレンタルです。スペースレンタルは空間を借りたい人と、空間のマッチングですので、実は顧客対応コストを極限まで下げて運営することで、ビギナーでも十分に利益の出るビジネスです。本連載では利益の出るスペースレンタル運営のコツを紹介していきます。


 


1.スペースレンタルとは

2.スペースレンタルの収益構造

3.各プラットフォーマーの特徴

4.物件の見つけ方

5.スマートロックの設置

6.内装工事と各種デバイス

7.プラットフォームへの登録

8.自社サイトの構築

9.運営開始とKEYVOXを利用した運営方法

10.顧客とのコミュニケーション

11.レビューを獲得する

12.日々のメンテナンス

13.運営のコツ

14.利益を出すために


 

各プラットフォーマーの特徴


今回は、スペースレンタルには欠かせない各プラットフォーマーの特徴について見ていきましょう。オンライン旅行サイトは通称OTA(Online Travel Agency)として長い歴史を持ちます。日本では楽天トラベルやじゃらん、海外ではBooking.comやExpediaといった大きな流通額を誇るサイトが多数あります。一方でスペースレンタルのマーケットはまだまだ出てきたばかりで、オンラインで物件オーナーと利用者をマッチングさせるサイトはまだまだ小粒で、世界標準というものもありません。


そのような中でも国内市場に目を向けてみると、いくつかのオンラインスペースレンタルのマーケットプレイスプレイヤーが育ってきています。それらを自身は資産を持たずに貸し借りを媒介する場を提供するという意味の「プラットフォーマー」と呼びます。

正確な数字は出ていませんが、国内首位はスペースマーケットで、以下インスタベース、スペイシーと続くようです。


1.スペースマーケット


https://www.spacemarket.com/


いかにもマーケットプレイスプレイヤーらしい特徴をもったプラットフォームです。料率は30%とそこそこ高額ですが、抜群の集客力があるのでスペースレンタルの運営上欠かすことの出来ないサービスとなっています。

ホスト、ゲスト共に審査があり安全な場の提供に注力しています。レビューシステムが双方向レビューとなっており、双方のレビューが記載されないと、お互いに公開されないという仕組みを採用しており、悪いレビューの報復などが起こらない仕組みをとっています。一方で当然そのような状況で余程の事が無いと悪意のあるレビューはかかれないため、ホストに対するレビューは実際の時間単価に対する価値のレビューが多く、ゲストに対しては通り一遍等なありがとうございましたの五つ星レビューが多いのが現状です。

スペースマーケットの特徴はオンライントラベルサイトと同様に多数のプランを簡単に作れることで、例えば期間限定のセール等を簡単に作ることができ売上を伸ばすことが可能となっています。


オンラインで物件を選ぶ時に重要なのは物件の写真ですが、スペースマーケットは多数の写真を掲載できるのはもちろん、各写真に対してコメントをつけることができるので、ホストの思いを伝えやすい仕組みになっています。

コミュニケーションはシステム内の受信ボックスで行われ、ホストの指標としては、予約成立率や返答率、返答時間などがKPIと管理されます。困るのは通常の会話をして