top of page

様々な人が集う複合施設「YAMAGA BASE」で、QR1が活躍



 QRコードを用いたシンプルで分かりやすいユーザー体験と、高度なセキュリティーを併せ持つことで、高い評価をいただいているスマートロックQR1が、様々な年代、様々な背景の人々が利用する地域複合施設で採用されました。


 熊本県山鹿市に2024年4月にオープンした「YAMAGA BASE」。その誕生は、143年の歴史を持つ山鹿市立千田小学校の閉校が決定した際、「残される建物を、世界とつながる秘密基地として生まれ変わらせよう」と、卒業生の方が立ち上がったのがきっかけでした。



 オープニングセレモニーには岸田首相からのビデオメッセージが届き、「政府としても、地域創生、スタートアップ育成、Web3ビジネス促進の3本の柱にそったこのプロジェクトを全力で応援したい」と、メッセージをいただいていました。



 施設には、コワーキングスペースやシェアオフィスといったイノベーション支援施設に加え、ワ―ケーションや農泊などに幅広く活用できる宿泊施設と飲食スペース、また、運動施設、貸会議室、動画配信スタジオやキッチンスタジオなどが併設されています。そしてこのYAMAGA BASEではQR1が9台も活躍しているのです。 こちらのコワーキングスペースやシェアオフィス、宿泊施設の入り口にはQR1が設置されており、QRコードでの開錠が可能となっています。




 さらに特筆すべきは、こちらではNFTチェックインが採用されているという点です。オリジナルキャラクターであるロクレンジャーのNFTを購入されたメンバーだけが利用できるラウンジエリアが用意されており、ラウンジにはゆったりとしたソファーと大きなテーブルが設置されています。また、NFTを保有している方が月額メンバー制度「byメンバー」に登録すると、一般のbyメンバーよりさらにお得な、山鹿市民価格で施設を利用することも可能です。




 YAMAGA BASEでは、引き戸にロックを設置するケースにおいては、QR1+電磁錠というパ

ターンを導入することで、もともとある設備を壊さず活かすことに成功しており、廃校を最大限に活用するというプロジェクトの思いに貢献しています。これはQR1が、自動ドアや電気錠、サムターン、WebAPI対応ロックなど、様々なロックに対し柔軟に連携できるという特徴を有しているからこそ実現できたものです。


 時代を超えて、さらに多くの笑顔を生み出す施設として生まれ変わったYAMAGA BASEと、そこに込められた思いに応えたQR1。皆様も「世界につながる秘密基地」に足を運び、世界への扉をQRコードで開けてみてください。




 また、QR1にご興味を持ってくださった方には、五反田ショールームにて実機をお試しいただくことや、さらに詳しいご説明をさせていただくことも可能です。ご予約お待ちしております。





🔽五反田ショールームご予約

🔽YAMAGA BASE プロジェクトページ










 


 


 

Comments


bottom of page