リリースノート2021年9月24日


「KEYVOX」ソリューションは「サービス + デバイス」を統合した空間シェアリングの統合プラットフォームで、カギの管理に加え、予約、決済、解錠をKEYVOXアプリケーションで行うことができます。


今回、 決済機能のリリースを行いました。下記詳細でございます。


下記詳細でございます。

 

1)キャンセル料金の請求

 

チェックイン前になってしまった予約に対して、WEB管理画面 BACSからキャンセル料金の請求をにクレジットカード経由で行うことが出来ます。キャンセル料金の請求時には、予約時の決済金額と同様、決済手数料が発生します。


キャンセル料金の請求が行えるのは以下の条件にすべて当てはまる場合のみとなります。


1. 予約時にクレジットカード決済を選択されている

2. チェックアウト日時の翌日24時までの間


※キャンセル料金の請求は自動では行われません。必ずWEB管理画面 BACSから請求を申請する必要があります。


※キャンセル料金の請求は即時に実施されます。また、請求を行えるのは1度のみで、複数回行うことはできません。


※キャンセル料金は、最大で予約金額まで、となります。予約金額を超える請求は行えません。


キャンセル料金の請求は予約の詳細画面から行います。該当の予約をWEB管理画面 BACSの「予約」→「予約検索」から検索し、詳細画面を開いてください。


上記の条件を満たしていれば、「キャンセル料金を請求する」のリンクが表示されます。



「キャンセル料金を請求する」をクリックし、金額か割合を指定して請求金額を確定します。















キャンセル料金の請求については、自動的にゲスト様へ通知はされません。ゲスト様と合意を取ったうえで、キャンセル料金を請求してください。また、キャンセル料金の請求は即時に実施されますが、ゲスト様のカード決済が成功しない場合は、クレジットカードによる決済が行えませんので、銀行振り込みなどで入金いただくようご案内ください。



 

2)返金機能

 

決済済みの予約に対して、WEB管理画面 BACSから返金処理をクレジットカード経由で行うことが出来ます。クレジットカード決済は、チェックアウトの翌日24時まで修正可能ですが、その期間を過ぎてしまった後は、チェックアウト翌月の10日までの間、返金処理を行うことが可能です。ゲストには指定金額全額が返金されますが、ホストに対して決済返金手数料の3.6%が発生します。当該手数料は、その他の予約の売上金と相殺され月次の売上明細に反映されます。


返金処理は以下の条件にすべて当てはまる場合のみ行うことが出来ます。


1. 予約時にクレジットカード決済を選択されている

2. すでにクレジットカード決済が完了している(チェックアウトの翌日24時を過ぎている)

3. チェックアウト翌月の10日までの間


※返金処理は1度のみリクエスト可能で、リクエスト後は変更できません。金額を確認してリクエストを行ってください。


※返金金額は、最大でクレジットカードで請求済みの金額まで、となります。


返金処理のリクエストは予約の詳細画面から行います。該当の予約をWEB管理画面 BACSの「予約」→「予約検索」から検索し、詳細画面を開いてください。


上記の条件を満たしていれば、「返金」のリンクが表示されます。



「返金」をクリックし、金額を指定して返金金額を確定します。














返金については、自動的にゲスト様へ通知はされません。ゲスト様と合意を取ったうえで、返金料金を請求してください。




 

3)カード決済がエラーになった場合の対処

 

ゲストからクレジットカード決済でサービスを申込みいただく際には、予約時にクレジットカードの有効性をチェックしていますが、一部のケースでクレジットカード決済がエラーとなる場合がごあります。

  • 予約時のクレジットカードオーソリには問題がなかったが、実際に請求を行う際にクレジットカード決済のNGが発生した

  • 7日以上先の予約を取る際、予約時のクレジットカードオーソリには問題がなかったが、オーソリを再確保する際にオーソリNGが発生した

  • サブスクリプション利用時の決済において、申し込み後にクレジットカード決済のNGが発生した


クレジットカード決済のエラーが発生した場合は、自動的に以下の処理を行います。

  1. ゲストの携帯電話番号あてに、決済NGのSMSを通知

  2. ゲストのBOOKINGX キーボックス詳細画面に、カード情報更新の案内を表示

  3. 施設オーナー指定のメールアドレス宛に、済NGを通知

  4. WEB管理画面 BACSの該当予約にクレジットカードエラーの注意文言を表示


施設オーナーにご対応いただく事項


1. 予約のメール設定より、「決済NGの通知先」を設定してください。

※サブスクリプションをご利用の場合は同様にサブスクリプションのメール設定も行ってください。


2. クレジット決済エラーが発生した場合、以下の件名のメールが上記で指定したメールアドレスに送信されます。


[*場所名*]*予約番号* のクレジットカード決済に失敗しました


また、ゲストの携帯電話番号にも、クレジットカードを修正するためのURL付きのSMSが送信されます。


3. クレジットカード決済のエラーが発生した場合であっても、予約は自動的にキャンセルにはなりません。ゲストにクレジットカード情報の更新をご案内いただき、そのままサービスをご利用いただくか、別の手段で料金をお支払いいただくか、予約をキャンセルするかをオーナーのほうでご判断ください。


ゲストにクレジットカード情報を更新いただく場合は、ゲストに送信されたSMS内に記載されているURLをブラウザで開いていただき、クレジットカードを変更するか、以下のURLをブラウザで開いていただき、右上の「リスト」から該当の予約を選択し、クレジットカードを変更していただいてください。

https://app.bookingx.io/keybox/


4. ゲストにカード情報を更新いただいた場合は、自動的に再度決済が行われます。



注意事項

  1. 上記機能によるクレジットカード情報の修正は、エラーが発生してからチェックアウト後7日目以内まで、となります。それ以降はゲストから変更いただけなくなります。

  2. ゲストにカード情報を更新いただいた場合は、自動的に再度決済が行われるため、銀行振り込み等で2重に請求されないようご注意ください。

  3. サブスクリプションの初月の支払いがクレジットカード決済NGになった場合のみ、自動的に解約を行います。




ZOOMデモで実機や詳細について確認したい場合

https://www.keyvox.co/booking


無料でKEYVOX予約管理サービスをお試し利用されたい場合

https://app.keyvox.co/#/free/user/register


その他、お