top of page

革新的なQRコードロック、BCL-QR1:スムーズな開錠と高いセキュリティを実現

更新日:1月15日




QRコードで解錠するロックデバイス遂に発売開始!


 万を持して発売となったBCL-QR1。こちらは、不特定多数の人がアクセスする宿泊ビジネス、レンタルオフィス、レンタルスペース、コワーキングスペースなどに最適なデバイスです。電卓と同じ配置でキーパッドが並んでいるので、誰でも一目見るだけですぐに開錠に必要なアクションが分かる上、10万回の耐久テストにも耐えたという、使いやすさと強靭さを兼ね備えた製品となっています。


何より、番号を押さずとも、QRリーダーでスキャンするだけで簡単に開錠ができる仕様が、ユーザーの利便性を大幅に向上させるのは間違いないでしょう。QRコードはプリントアウトされたものも使用可能ですが、アプリからダイナミックに表示されるもののほうが、より高度なセキュリティーが保てますし、使いやすさの観点からもお勧めです。


 QR1はIP56規格を満たす防水性能を有しているため、屋外での使用にも十分に耐えられます。また、QRリーダーが下向きに設置されているため、西日が眩しいなどといった環境要因に左右されず、スムーズな読み取りが可能です。


ロック側はどうなっているのかというと、BCL-BR1とペアリングされており、この2つをBluetoothで接続することで、自動ドアや電気錠を開けられるようになっています。Bluetoothですから間を配線で繋ぐ必要はありませんが、BR1とQR1をUSBで繋げると、BR1からの給電が可能です。もちろん、壁から電源を取ることができれば直接給電も可能で、5V1Aの電源アダプターがあればご使用いただけます。


 残念ながら、今のところ、電池での使用は次期モデルまでお待ちいただかなければなりません。イベントなどで短期間使用する際は電池で稼働する設定も可能ですが、日常的に使用していただく場合はUSBでの給電が必要となります。


 QR1はネジ一つで簡単に外せるようになっており、裏側から給電する仕様で、ブラケットのサイズは一般的な一口コンセントと同じです。


 ここまで、BR1とのペアリングを紹介しましたが、魅力的なペアリング対象ロックはそれだけではありません。QR1はMIWAのPiACKⅡにも対応しているのです。PiACKⅡは電源が必要なく、また、インボディだけを組み合わせて運用できる仕様となっておりますので、アウトボディがなくても、もちろんアウトボディとセットでもお使いいただけます。PiACKⅡとペアリングすることでシリンダー錠の開錠も可能となりますので、ユーザーは、エントランスだけでなく各部屋でもスマートな開錠を体験できるでしょう。


 ではこの3つを組み合わせると一体何ができるようになるのか、ご紹介したいと思います。


 QRコードがオフライン、つまりインターネットに接続されていない環境でも使用できます。QRコードですので、何桁もある長い番号を押す必要はありませんし、1分ごとの細かい設定も可能です。さらに、KEYVOXのクラウドサービスとも連携可能となり、鍵の管理だけでなく、予約、決済、チェックインを、KEYVOXのアプリケーションから一括で行うことが可能となります。


 最後に施工方法をご紹介します。BR1は天井裏などに設置してもらうケースが多く、そこから直接QR1に給電していただくか、別で電源を取っていただくか、使い勝手の良い方法を選んでいただくことになります。


PiACKⅡご利用時は開閉するドアの横壁などに設置していただくと良いでしょう。ブラケットには標準である83.5mm幅の穴が開いているため、施工の際は、スイッチボックスを作っておいてもらうと、簡単に設置できます。また、挟み金具や、穴を開けたくない場合は両面テープでの設置も可能です。電源は、モールを使用して下から給電するという方法もあり、その際はドアの下を通すことになりますのでUSBフラットケーブルの使用がお勧めです。

BR1との接続は、ノーマルオープン、無電圧a接点で繋いでください。


 設定は、Wi-Fiから管理者の暗証番号まで、全てQRコードで行えますので、快適なユーザー体験を実感いただけるはずです。



――QR1のアドバンテージ―――

💪 QRコードの使用により、安全性を確保しつつスムーズな開錠が可能

💪 誰にでも一目でわかる、操作性の高さを誇るユーザーインターフェイス

💪 PiACKⅡとのペアリングで、エントランスと同じユーザー体験を個室にも提供



 QR1が少しでも気になるお客様は、ぜひ一度下記までお問い合わせください。五反田ショールームでは実機をご用意しており、実物を見るだけでなく、ボタンを押す、QRコードで開錠するといった体験もお楽しみいただけます。皆様のお越しを、お待ちしております。


⏬ 五反田ショールームご予約

 


Comments


bottom of page