top of page

我が家のように楽しむホテルステイ

更新日:7月9日


流氷の町としても有名な北海道紋別市。その中心街に建つ紋別プリンスホテルは、広大な大地を有する北海道ならではの雄大な景色だけでなく、蟹料理をはじめとする海の幸と温泉も楽しめるのが魅力のホテルです。


そんな紋別プリンスホテルに2023年5月に仲間入りしたのが、別館・アネックス。「住むように泊まる」というコンセプトを元に用意されている、モデレートツイン、スーペリアツイン、エグゼクティブツイン、カジュアルスイートという4タイプの部屋には全て、長期滞在に適したミニキッチンが用意されています。



省人化と利便性のどちらも叶えるBCL-QR1


そして、そのアネックスのエントランスと各部屋のドアを守っているのがBCL-QR1。予約日の前日にホテルから届く1通のメールがあれば、フロントを介さずチェックイン・チェックアウトができ、お客様が自分の家のような感覚で長期滞在を楽しめる環境づくりに一役買っています。



便利なのはお客様だけではありません。本館から1本の道路を挟んで向かい側に建てられているアネックスにおいて、フロントを通らずにお部屋への出入りができ、さらに決済まで済ませられるのは、お客様だけでなく、ホテルスタッフの皆さんの業務効率アップにも貢献しているとご評価いただいています。


QR1がなければ、アネックスにもフロントを設置しなければならず、少なくとも1人以上の人材が必要でした。しかし、ご予約からチェックアウトまで対面でのオペレーションが1度も必要ないため、省人化が実現され、さらにお客様にとっては、まるで自分の家に帰るかのようなプライベートな感覚を感じていただくことを可能にしているのです。



QRコードと暗証番号、それぞれのメリットを生かす


加えて、QR1の特徴の一つである、QRコードだけでなく暗証番号でも解錠できる点が、使い勝手の良さにも繋がっています。


QRコードでの解錠はスマートですが、お連れ様にわざわざQRコードを転送するといった手間をかけずに、同伴者は暗証番号で解錠、といった柔軟な対応ができるのも、QRコードと暗証番号どちらにも対応可能なQR1ならではの使いやすさなのです。



遠隔解錠で、待たせない、困らせない


また、夜間、おいしいお食事とおいしいお酒でほろ酔いになられたお客様が、うっかり鍵を開けられなくなってしまっても、フロントへの電話1本で遠隔解錠が可能。ホテルスタッフの方が駆けつける必要はありません。これは、お客様の満足度アップだけでなく、夜勤体制でスタッフ数を抑えているフロントのセキュリティを保つためにも役立っているとのこと。


冬場には深々と雪が降り、夜間には凍結する路面を渡ってアネックスまで足を運ばずとも、管理画面をクリックするだけで遠隔解錠ができる。つまり、QR1の遠隔解錠機能は、フロントスタッフの方々の負担を減らしつつ、お客様をお待たせすることなくご自分の部屋へのドアを開けられる、快適への鍵となっているのです。


グレードの高い部屋には、テラスやジャグジーバスも用意され、見どころいっぱいの道東での長期滞在にうってつけの紋別プリンスホテル・アネックス。ここに来れば、自由に、そして思い切り羽を伸ばせるのは間違いありません。



紋別プリンスホテル


BCL-QR1サービス詳細




最新記事

すべて表示

תגובות


bottom of page