【プレスリリース】「KEYVOX」サービスとxxx社が提供する「minpakuIN」(民泊イン)とのAPI連携を開始

最終更新: 8月4日


「KEYVOX」ソリューションは「サービス + デバイス」を統合した空間シェアリングの統合プラットフォームで、カギの管理に加え、予約、決済、チェックインをKEYVOXアプリケーションで行うことができます。


また、オープンプラットフォームとして開発者ポータルを開設し、KEYVOX API連携のドキュメントを公開しており、それぞれの機能とAPI連携することでロックが必要なビジネスに柔軟にフィットすることができます。


今回、「KEYVOX」と「minpakuIN」を連携することで、これまでゲストからの予約確定後に手動で設定していたPINコード(暗証番号)発行が、KEYVOXからminpakuINへ自動発行・更新が可能になり、ゲストのチェックイン時に物理的な鍵の受け渡しが不要になります。




これにより受付を完全に無人とする運営が可能になり、宿泊管理業務の大幅な省力化を行うことができます。



チェックイン-アウトの流れ

minpakuINは宿泊予約サイトで予約された宿泊者の予約情報を宿泊予約サイト一元管理システム経由で自動取得し、取得したメールアドレス宛に、チェックインコードを含むチェックイン情報を自動送付します。
チェックイン時は宿泊施設に据え付けたタブレット端末に、宿泊者自身が事前に送付されているチェックインコードを打ち込むことで、チェックイン・アウト日、部屋番号、鍵を開ける暗証番号が表示されます。
チェックアウト時は、タブレット端末のチェックアウトボタンを押すと完了します。


ブロックチェーンロック社は宿泊施設をはじめとする空間管理業務の省力化、自動化を推進すべく、関連サービスとの連携の強化を進める予定です。



▼メディア掲載

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000041333.html