2021年に考える空間シェアビジネスにおける「ブロックチェーン」とは何か

こんにちは、ブロックチェーンロック岡本です。

2月5日って事で早くも1月終わったってことですね。皆様も十二分の一がすぎたのかと思われてると思うんですけども、我々はのテクノロジースタートアップやってる身としては、当然一年の目標とかあるわけで12分の1があっという間に過ぎたって事はもうちょっとプレッシャーを早くも感じています。こんな感じで多分2月もあっという間に終わるのかなと思っています。そんな今日この頃、今回は何の話しようかなと思ったんですけども我々の会社の名前がブロックチェーンロックって事で、なぜ「ブロックチェーン」なのかってことをいつあんまり話してなくて、お客様にはほとんどロックのKEYVOXってブランドでサービス紹介をしています。もちろんコンシューマーブランドを意識して意図的にやっているのですが、ユーザーはこの鍵をつけて、何か宿泊ビジネスとかレンタルビジネスやりたいってことが多いので、ブロックチェーンの話はせずにスマートロックサービスとしてご案内しています。


今回はこういった機会ですので何故ブロックチェーンなのかという部分を共有できればと思ってます。

最初に私の個人的な経歴なのですが、楽天に14年半ぐらい勤務しまして、そのうち5年間を楽天ブラジルのCEO をやって、帰国してから2年間ぐらい楽天ブロックチェーンラボの所長をやってたっていうことで、丁度ビットコインブームとかその辺りに重なって非常にブロックチェーンが盛り上がってた時期です。今となってはほとんどの人に忘れられて、そういえばブロックチェーンってあったねみたいな感じなってたと思うんですけども、今話題になってるClubhouseみたいなもんですね。FOMO(Fear of missing out、ついていかないと損する)みたいな心理状態で、みんなビットコインや仮想通貨の売買に走ったです。今はもう一部のマニアしか知らないことになってるんですが、そんな中、相場自体は順調に伸びていき、当時のビットコインバブル200万エンが一気に80万エンぐらいになって皆逃げて行ったんですけども、その時持ってれば今400万円になってたってことで、相場は特に私自身は興味ないですけども、ブロックチェーンを信じているコアなユーザーたちはずっとその技術開発行ってきたそういうことで、ネットワークそのものの価値上がってきたんじゃないかなという風に思ってます。

でもそれから何年か経って、実際に日本でもブロックチェーンを真剣にやってる会社って少ないんじゃないかと思います。我々も日常はKEYVOXサービスで結構忙しいわけですが、そのような中で、ブロックチェーンの将来的にどういう風に融合していくのかと考えながら仕事をしています。今回はブロックチェーン何かっていうところから、説明をして実際はどういう風に使われているか、実際にブロックチェーンを感じる場所としての我々のアプリがありますので、それを実際に設定してみて、どういう風に使うのかなというころを、遊んでもらえればと思います。


ブロックチェーン
価値の移転

先ずは、私が考えこのビットコインブロックチェーンの発明っていうのは、いつも言うんですけども、みんなが自分のことしか考えてない世の中、世界で安全に価値の移転を実現したということに非常に価値があるんではないかと思ってます。例えばビットコインのマイニングを考えて頂ければ分かるのですが、みんな自分が儲けたいんですね。儲けたいだけでやっていてでもこのAさんがBさんにこの1ビットコインを送ったという事実は何故か担保されてわけですね。これはすごいことだと思っており、この仕組みが普及していけば色々な世の中の無駄がなくなっていくのではないかというふうに考えています。

実際そのブロックチェーンの特徴は四つ挙げるとしたら、


  1. 分散型データベースであるということ

  2. 暗号化技術のにセキュリティが担保されていること