成功事例  九州全域に展開するコワーキングスペースにKEYVOX予約システムとスマートロックの導入






「はたらくをオフィスから解放する」


テレワークや在宅勤務など、働き方の価値観が見直されている昨今、九州全域に「分散型ワークプレイス」を据える「九州アイランドワーク」。隣接するワークスペースは、車で1時間以内となるまで増やしていく計画で、九州の各地でクリエイティブが生みだされる手助けをしています。



すべては竹田市へのひと目惚れから始まった


代表取締役の馬渡さんは、大学卒業を機に上京し、ITベンチャー、コンサルティング会社を経て、デジタルアートなどを手がける「チームラボ」に入社。教育プロジェクト「学ぶ!未来の遊園地」の立ち上げに携わり、展示会スタッフとして全国を飛び回っていました。


数年間仕事をしていくなかで、子どものことや将来のことを考えるようになり、仕事をしながらも地方の移住先を探すように。


2015年、人や自然、そして城下町の雰囲気が残る街としての景観に魅力を感じ、大分県竹田市への移住を決意。